F原channelブログ

YouTubeに上げた動画をブログにて解説

【EXVS2】初心者シャフ勢は前衛後衛は気にしない方が良い?【Pスト:ダブルオー】#8

f:id:darjeeling12tf:20200124152533p:plain

こんにちはF原です。

 

いつも見てくれている方、

高評価をしてくれている方ありがとうございます。

 

この記事は

こちらの動画専用の記事になりますので

この動画を見てからこの記事を読むことを推奨します。


【EXVS2】初心者シャフ勢は前衛後衛は気にしない方が良い?【Pスト:ダブルオー視点】#8

 

今回の動画は相方がどんな機体でも

前後ろはきにしないことが大切と言いました。

 

勿論相方がどんな機体でも

同じように立ち回っていましたね?

 

では、早速試合の中にあった

良い点悪い点書いていきます。

 

みなさんもしっかり意識して

プレイできるようになりましょう。

 

1試合目

良いとこ

・相方の覚醒時相方が見ていない敵をしっかりロック

 

このゲームは覚醒を吐くとかなりヘイトが集まります。

相方が覚醒すれば当然自分はフリーになりがちです。

 

そういう時はしっかり相方が見ていない敵に攻撃しましょう。

 

・相方が死んだらいかなる時でも自衛に徹する

 このゲームの基本です。

1vs2になっていますのでかなり不利です。

大人しく下がりましょう。

 

・覚醒で一気に試合を決める

覚醒はとても大切です。

なので、「この覚醒で絶対決める。」という意識が合ったからこそ

しっかり決めれています。

 

・敵の覚醒を盾で捌く

これは上級者の間では基本でして、必須テクです。

私の動画では初めて出来たかもしれません。(私は苦手です)

 

なぜならば敵覚醒中はかなり不利でして、

基本的に上級者間では被弾してしまうのが当たり前です。

(こちらに覚醒があるなら別です)

 

なので盾補正を使いダメージを最低限に抑えれますし、

時間も稼げれます。

 

悪いとこ

・エクシアの復帰位置を確認していない

復帰位置を確認していれば敵の覚醒を喰らわずに済んだかもしれません。

 

 

 

2試合目

良いとこ

・覚醒を捌けた

敵の覚醒を捌けたことが今回の試合の勝因ですね。

 

エピオンの覚醒が正直ガバガバでしたのでラッキーでした。

誰も覚醒技を喰らっていないのでかなり有利です。

 

ライザー中は

下格とメインCSを駆使すれば格闘を喰らう事はないでしょう。

 

・レーダーを見ている

個人的には一番エピオンに対してがレーダーは活躍します。

 

せめてこちらに来ているか

まだ来ていないかぐらいはレーダーで確認できたほうが良いです。

 

・立ち回りが試合全般を通して良かった

いつもの立ち回りが相方のL覚醒と噛み合って0落ち2回覚醒や、

エクセリアを落としに行く判断も個人的に良かったです。

 

悪いとこ

・エピオン迎撃時BDの使いすぎ

たまたま被弾しませんでしたが、

かなりブースト管理が下手くそでした、

メインなど打たず一度着地したりするのが正解ですね。

 

 

 

3試合目

良いとこ

・敵の強い武装を常に警戒できていた

試合全般を通してゲロビは食らっていません。

しっかり意識していたからです。

 

・敵の弾を見てから避ける

ちょくちょく言ってますがこれが出来ればまじで銀いけます。

 

特にPストはかなりオススメです。

 

前BDしながら「来る!」と、思った時に

ステップし、格闘CSを離すだけで先に着地が出来、

ブースト有利まで作れるからです。

 

他の機体だとそもそも降りれなかったり、

振り向いたりします。

 

悪いとこ

・敵機体のブーストが把握できていない

結果反撃されています。

 

見直してみると、

もしかしたらオバヒで普通に間に合わなかっただけかもですね。

精進します。

 

 

最後に

 

今回伝えたかったのは無理に前に出たり、耐えたりしても

勝率は変わらないということです。

 

正直機体や相方によって立ち回りを変えるのってかなり高度なので

最初は意識せずに自衛に専念がやはりベストですね。

 

 

こんな感じで普段から

「どうすれば勝ちにこだわる銅プレの勝率や階級を上げれるか?」に、フォーカスし、

動画を上げておりまして、今後もこの様な感じの動画を上げていきます。

よかったらチャンネル登録よろしくお願いいたします。

www.youtube.com

 

 

EXVS2の教材販売を¥100~しています。

ご興味のある方はどうぞ。

note.com

 

 

 では、また。